日本にはこんな人は銃が持てないという決まりがあります。

銃を持つ資格に欠けるという意味で欠格事由といい絶対に駄目なのは絶対的欠格事由、当てはまれば許可しないこともある相対的欠格事由があります。

ちなみに猟銃等初心者講習会の考査でここから間違いなく出ます、長ったらしいですが見ておいて損はありません

それでは説明していきます

絶対的欠格事由

まず申請の前にここに当てはまる人は銃が持てません

  • 未成年者…猟銃は20歳、空気銃は18歳、これが原則です。

しかし競技目的で日本体育協会から推薦を受ければ猟銃は18歳から、空気銃は10歳から所持できます

  • 破産者で復権していない者…破産していても復権すれば大丈夫です
  • 精神障害や認知症などの特定の病気の者…うつやてんかん等々も駄目です
  • アルコール、あへん、麻薬、大麻等の中毒者…常識で考えれば分かりますね
  • 是非弁別能力、判断能力に問題がある者…正常な判断が出来ない人は駄目です
  • 住所が定まっていない者…住居がなければ銃の保管が出来ませんしね
  • 所持許可の取り消し処分を受けてその日から5年が過ぎていない者…許可とは銃の所持許可です
  • 年少射撃資格の認定を取り消された日から5年を経過しない者…凶悪犯罪なら10年です
  • ストーカー防止法による警告・命令を受けた日から3年を経過しない者…文そのままです

 

  • 所持許可の取り消しの聴聞会の期日・場所が公示された日からその処分をする日または処分をしないことを決定する日までの間に、その処分にかかる鉄砲または刀剣類を他人に譲渡し、その他自己の意思に基づいて所持しないこととなった日から5年を経過していない者…所持許可を取り消されそうになって、その取り消し処分逃れのために銃などを処分しようとした場合の話

 

  • 禁固以上の刑に処せられた人で、その刑の執行をを終わり、または執行を受けることがなくなった日から5年を経過していない者…銃に関係なくても禁固刑以上になれば出所してから5年は受けられない

 

  • 銃刀法違反、火取法違反で罰金以上の刑に処せられて、その刑の執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から5年を経過していない者…ナイフを持ち歩いたり拳銃を作ったりすると罰金以上でアウト

 

  • 人の生命・身体を害する罪または鉄砲刀剣類等を使用してこれら以外の凶悪な犯罪(死刑または無期懲役もしくは長期3年以上の懲役・禁固に当たるものに限る。)を犯して罰金以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、または執行を受けることがなくなってから5年を経過していない者…罰金などの軽い刑罰でも5年

 

  • 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(DV防止法)による命令を受けた日から起算して3年を経過していない者…警察から警告、命令を受けてから3年
  • 集団的または常習的に暴力的不法行為その他の罪に当たる違法な行為を行うおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者…暴力団員などは持てません

 

  • 他人の生命、身体もしくは財産もしくは公共の安全を害し、または自殺をするおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者…判断は分かりませんが自殺未遂などの経験があるとアウトだと思われます

 

  • 人の生命または身体を害する罪や、鉄砲刀剣類を使用してこれ以外の凶悪な罪(いずれも死刑または無期もしくは長期3年以上の懲役もしくは禁錮に当たるものに限る。)で政令で定めるものに当たる違法な行為をした日から起算して10年を経過していない者…凶悪犯罪はもちろん鉄砲刀剣類を使った犯罪行為で懲役または禁錮3年以上に当たる行為をやった人はその日から10年アウト

 

  • 所持許可の申請書や添付書類中の重要な事項について虚偽の記載をし、または事実を記載しなかった者…書類に嘘はやめましょう

以上が絶対的欠格事由です、考査に出てくる問題は5年…10年…などの数字に関する問題がよく出てきます

相対的欠格事由

相対的欠格事由とは人以外の要素だけでなく銃の仕様等も該当します。

「相対的」なので当てはまれば許可されない場合もあるという事です、絶対ではないので間違えないようにしましょう。

  • 絶対的欠格事由に該当するような人と一緒に住んでいる者…精神病、ストーカー、暴力団員などです、しかし絶対ではないのでよくひっかけ問題に出されたりします
  • 変装銃…何かに偽装した仕込み銃なんかはNGです
  • 機関部、銃身部に著しい欠陥のある銃…暴発すると危険なので、常識で分かりますね
  • 連続自動撃発式の銃…マシンガンのような銃のことです、犯罪に使われると大変なことになります
  • 構造の一部として6発以上(散弾銃にあっては3発以上)の実包または金属製弾丸を装填できる弾倉のある銃…ライフル、空気銃は5発まで、散弾銃は2発までしか込められない弾倉しかダメ。薬室に入る分のプラス1発はカウントされないので合計ライフル、空気銃は6発、散弾銃は3発撃てる。
  • 口径が大きすぎる銃…一般用ライフルは10.5㎜、トド用のライフルは12㎜。一般用の散弾銃は12番、トド用は8番、空気銃は8㎜が最大です。
  • 銃の全長または銃身長が規定より短い銃…短い銃は隠し持てるので危険、猟銃は全長が93.9センチメートル、銃身長が48.8センチメートル、空気銃は全長のみの規定で79.9センチメートル、これより短くなるとアウト、ここは考査に出ます。
  • 構造の一部として消音装置がある銃…消音装置は危険、犯罪に使用されると大変なことです
  • 保管設備がないとき…保管設備がないと保管できませんからね。

以上が相対的欠格事由です、この辺りは考査に問題として出る可能性が大なので絶対的と間違えないようにしましょう。

 

欠格事由に当たらなかった方で銃が持ちたい!という方はこちらを参考にして下さい。

日本で銃を所持するには

日本で持てる銃の種類

猟銃等初心者講習会-申請

猟銃等初心者講習会-考査・出題基準・過去問

 

スポンサーリンク