銃を所持しているだけでは狩りが出来ません、むしろ銃がなくても罠猟等の免許があれば狩猟は行えます。

その為には狩猟免許試験に合格しなければなりません。

それではその狩猟免許の取り方を説明していきます。

狩猟免許試験申請

まず狩猟免許の試験を受けるために申請をしなくてはなりません。

狩猟免許試験は各都道府県において年に複数回行われます、住んでいる場所の猟友会に連絡して聞くのが一番です。

そして、申請書は自治体のホームページから狩猟免許申請書をダウンロードし印刷するか、猟友会に連絡すると貰える場合もあります。

こちらは大阪猟友会の申請書です、裏面に受験票も記載されています

 

それから診断書も同時に必要です、こちらは精神科医に行き書いてもらう必要があります。

病院に行き「狩猟免許の件で~」といえば行ってくれますが、断られる場合も。

そんな時は自分の住んでいる地域の猟友会の方に連絡して聞いてみましょう、安いところを教えてくれるかもです

その他、色々と必要なものがありますがまとめると

  1. 狩猟免許申請書、受験票
  2. 写真1枚 縦3cm、横2,4cm
  3. 医師の診断書1枚
  4. 住民票1枚

です。

さらに狩猟免許は

  • 網漁
  • 罠猟
  • 第一種銃猟
  • 第二種銃猟

と4つに分かれていますが一つ受けるのに証紙が必要で金額は5200円です、ちなみに1つでも狩猟免許を持っていると他の種類をとる際の金額は3900円になります。

申請を終えれば次はいよいよ狩猟免許試験です。

 

スポンサーリンク